うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】

カウンセラーに頼ろう

看護師

ドクターとは違った治療

うつ病と診断されたときは、いろいろな治療方法がありますが、話をじっくりと聞いてもらって悩みを解決したいと考えるかもしれません。そのような治療はカウンセリングと呼ばれているので、対応している精神科や心療内科で受けてみましょう。なお、どこの精神科や心療内科でも、椅子に座って一対一で話し合うタイプのカウンセリングが行われていると考える方もいるはずです。確かに、どこのクリニックでも、初診はじっくりと話を聞いてくれますが、2回目以降はそのような時間は設けられていないケースが多いです。それは、メンタル系のクリニックのドクターは、主に治療方法を決めたり薬の処方箋を書いたりするのが仕事だからです。話を聞く専門家はカウンセラーというので、まったく別の仕事と考えてもよいでしょう。もしも、うつ病と診断を受けた方が、2回目以降の受診でもしっかりと話を聞いて欲しいのなら、カウンセリングが受けられるところを探さなければいけません。きちんと対応すると明言するクリニックがあるので、カウンセラーが在籍するところを探しましょう。ドクターやカウンセラーの力を借りて、うつ病の症状を回復させたいのなら、治療に関することで自分勝手な判断を行うのはやめましょう。それは、うつ病と診断されたのなら、思考力が普段よりも低下している可能性があるからです。きちんとした判断のできない頭で、治療に関することを決断するのはとても危険です。勝手に通院を中止するのはもちろん、ドクターからもらった薬の摂取を中断するのも絶対にやめておきましょう。それに、働いてはいけないと診断されたのなら、焦る気持ちがあっても仕事に行くのはやめたほうがよいです。なお、治療が上手くいくと、少しずつ元気になってきて、うつ病から脱したと感じることがあります。しかし、そこで無理をしてしまうと、また悪化してしまい、以前の状態に逆戻りなので気をつけなければいけません。うつ病以前の生活が送れるようになっているのなら、ドクターから説明があるので、ゴーサインが出るのを待ちましょう。よくなったり悪くなったりを繰り返すと、より長い治療期間が必要となってしまいます。

Copyright© 2018 うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】 All Rights Reserved.