うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】

良くなる診療と支援

ハート

診察当日の流れと家族支援

精神科の診察、治療を受ける当日は緊張する方もいらっしゃるでしょう。しかし、精神科や精神内科での医療従事者はプロフェッショナルですので心配せずに落ち着て受診するようにしましょう。まず、健康保険証をきちんと持ったか確認して病院に向かいます。受付では、初診の場合簡単な問診を行う事が多いでしょう。その後、抑うつ状態などの症状が強いと記入するとさらに詳しい問診を行う場合があります。その後、精神保健福祉に従事する専門職の方との面談がある場合も多いです。このような方は、心理士や精神保健福祉士の資格を持つ方、精神科での経験の長い看護師などでしょう。患者が話しやすいように、安心できるカウンセリングルームなどの空間が用意されている場合もあります。うつ病の診断は血液検査などでは下すことができません。一番大切なのは、問診です。ですから問診に時間をかける病院が多いでしょう。その後、医師の診察に進みます。医師は問診をもとに患者に質問等を行い、全身症状も診ながらうつ病の診断を下します。うつ病の治療では投薬療法が基本です。医師が処方箋を出してくれるでしょう。会社を休むために診断書が必要な場合は、医師にお願いします。うつ病になる方は我慢強い方が多い傾向にあります。家族の目から見ても明らかに抑うつ状態が強くても、仕事を休まずに頑張ってしまうこともあります。病院の受診を勧めても仕事が忙しいと後回しになってしまいます。このような場合は、土曜日など患者が受診しやすい日に診療している病院をあらかじめ探しておくと良いでしょう。精神科は家族からの予約も受け付けていますので、予約が必要なクリニックは家族のほうで予約を取ることも可能です。その後ハードルを高く感じないように誘って、クリニックを受診すると良いでしょう。カウンセリングを受けるような感覚で気楽に行けるような雰囲気が望ましいです。うつ病の診断が下った場合、医師から自宅で安静にするように指示を受ける事があります。患者によっては仕事を休むことに罪悪感を持ってしまう方もいます。しかし、病気の回復のためには心身ともに休めることが大切です。周りを気にせず、自分のことを一番に考える時期という事を言い聞かせてください。うつ病の診断が下れば、抗うつ薬が処方されます。これらの薬をちゃんと飲んでいるか家族も気にかけてください。また、患者に元気が出てきても、しばらくは薬を飲んだり病院に行ったりするように注意を払うと良いでしょう。

Copyright© 2018 うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】 All Rights Reserved.