うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】

判断に困ったら病院へ

ハート

適切な治療を受けよう

「心の風邪」ともいわれているうつ病は、現代社会ならだれでもなる可能性がある病気です。それだけに、早めの判断が必要といえます。早期に病院にかかって適切な治療を行った方が、治療・回復期間が短くて済むでしょう。うつ病の診断は、自分で行うべきではありません。心療内科や精神科へ行き、医師に診断してもらうようにしましょう。うつ病の治療方法は医師が決めることになりますが、大きく分けて「休養」、「薬物療法」、「精神療法」の3つがあります。どんな治療を行うかは、医師が患者個人の状況を見ながら適切な治療方法を判断することになります。うつ病の治療にあたっては、医師の指示をしっかりと守ることが、何よりも大切です。うつ病の治療は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に回復するのが一般的です。今日は少し調子がいいからといって、薬をやめたり無理をしたりすることはやめましょう。治療には時間がかかりますが、治らないものではありません。焦らず、自分と向きあいながら気長に取り組んでいくことが大切です。職場や学校などでの日々のストレスは、社会生活を送っていれば誰もが抱えているものです。適度であればいいのですが、日常的にストレスの多い環境にさらされている人もいるでしょう。そんなストレスのある状況が続く中で、「朝起きられない」、「何をしても楽しくない」など、気分が落ち込むこともあります。しかし、そのような症状が長く続いたら要注意です。うつ病を発症しているかもしれません。そんなときは早めに病院を受診し、医師の診断を受けることが必要です。うつ病の治療では、病院で行うものの他にも自分でできることもあります。何より大切なのは、ストレスをためないことでしょう。ストレスの原因は取り除きようがないものもあります。例えば、会社や人間関係などは自分の力だけでは変えることはできません。しかし、ストレスをためないようにすることで、ストレスの原因から逃げるのではなく、ストレス自体に対処することが可能になります。自分にあったストレス解消法を持っておくといいでしょう。ストレスがたまっていると自覚している人は、普段から意識してストレス解消を行うことで、うつ病の予防にもなります。また、すでにうつ病の診断を受けて治療中でも、ストレスの解消は重要になるでしょう。

Copyright© 2018 うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】 All Rights Reserved.