うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】

看護師

カウンセラーに頼ろう

うつ病と診断されたなら、ドクターによる治療だけではなく、カウンセラーに話を聞いてもらうタイプの治療も考えましょう。なお、どのような治療を受けるとしても、うつ病が治ったことはドクターにしか分かりませんので、完治まで通い続けなければいけません。

詳しく見る

ハート

判断に困ったら病院へ

うつ病は、早期に対処して適切に対処することが大切です。必ず医師の診断を受けた上で、医師の提示した治療方針に従うようにしましょう。また、普段からのうつ病の予防策としてストレス解消法などを身につけておくのもいいでしょう。

詳しく見る

女医

患者の家族の対応

うつ病の診断を受けたら、患者に寄り添い勤務先と連携したり、薬の管理をしたりするなど家族の協力が好ましいです。うつ病か確認するには精神科の受診が不可欠です。他の病気の可能性を排除するために検査が必要になる場合もあります。

詳しく見る

看護師

体の不調は異変のサイン

うつ病の発症原因やメカニズムは十分解明されていませんが、発症する要因として、ストレス、性格、遺伝が挙げられます。また発症メカニズムはさまざまな仮説がたてられています。体の不調や倦怠感を感じたら病院で診断を受けましょう。

詳しく見る

ハート

良くなる診療と支援

医師の診察の前に精神保健福祉士などによる詳しい問診が行われることが多いです。医師によりうつ病の診断が下ったら、投薬治療が行われます。うつ病の疑いがあったら、家族は患者を病院に誘いましょう。診断が下ったら、薬を飲んでいるかなど注意しましょう。

詳しく見る

受診時にチェックしたい事

ハート

抗うつ薬それぞれの特徴

抑うつ状態が続くのなら、早めに精神科を受診してうつ病かどうか確認したいところです。でも精神科のほとんどは予約制となっていて、近い内に予約を入れられるとは限りません。でも、重症の場合はとにかく近くのクリニックに連絡して状態が酷いことを伝えれば、すぐに受診できるはずなので、我慢しないでください。 そこまで酷くなければ、保健所や精神保健福祉センターに問い合わせるのも一つの方法です。うつ病の治療を得意とするクリニックや病院を案内してくれます。また、職員は診断することはできませんが、簡易診断を行える場合もあります。 精神科というとじっくりとカウンセリングを行うイメージを持つ人が少なくないものの、実際の治療は薬物療法が基本のため、診察時間は初回を除いて短いのが一般的です。その短い時間にしっかりと自分の話を聞いてくれる、また治療の効果が現れているかをつぶさに観察してくれる医師を選んでださい。さらに、通院するたびに励まされるようなクリニックや病院だと心強いです。うつ病と診断されたら、ほとんどの場合は抗うつ薬を処方されます。抗うつ薬の役割は、脳内でバランスを崩してしまった神経伝達物質の調整です。抗うつ薬は昔から使われており、新しい薬ほど脳内でターゲットを絞ることが可能です。また、一般的に副作用が軽くなっています。最も新しいタイプがNaSSAで、ノルアドレナリンとセロトニンの放出を促進する作用を持ちます。次に新しいSNRIの作用はセロトニンを増強し、その次に新しいSSRIの作用はノルアドレナリンとセロトニンの増強です。うつ病と一言で言っても状態は個々で若干異なります。診断後は患者に合うだろう薬がこの3種類の中からチョイスされる場合が多いです。そして、反対に最も古いタイプの三環系は、一旦放出された神経伝達物質などが再度細胞内に取り込まれてしまうのを防ぐ働きがあり、次に古い四環系はノルアドレナリン量を増やす働きがあります。この2種類は副作用が出やすいために積極的に使われはしないものの、新タイプの薬が合わない患者によく使われます。

Copyright© 2018 うつ病と思ったらすぐに診断へ【我慢しないで】 All Rights Reserved.